赤ちゃんが置いたら泣く

赤ちゃんを育てる上で大変なことの一つに、やっと寝付いたと思ったい赤ちゃんをベッドや布団に置いたら泣くことがあります。

これは多くのお母さんが悩んでいることです。泣くとまた寝付くまで待たなくてはいけません。

授乳もあるのでお母さんの睡眠時間が短くなる一方。

そんなことになる前にも、なぜ置いたら泣くのかを考えてみましょう。

一つは、身体が動くことによって起きてしまうことです。

これは静かに動かさないようにベッドや布団に置くことで解決できます。



また、動かさないように置いているのにという方は、もしかすると温度の変化によるものかもしれません。

腕の中で眠った赤ちゃんがベッドや布団に入ると寒くて起きてしまうことがあります。


眠っているのに冷たいベッドや布団に入れられると誰だってビックリしてしまいます。



あまりに温度が違うようなら、湯たんぽなどをつかって温めておくと良いです。

置いたら泣く原因に、お母さんから離れて不安を感じてしまうこともあります。
体温、心音が急に離れると赤ちゃんも不安になるので、最初は一緒に寝てみましょう。
しっかりと寝付くまで一緒にいることで赤ちゃんも安心することができます。ただ何より大切なことがお母さん一人で全てをやろうとしないことです。
時には辛くなる時もあります。



そんな時には誰かに寝かしつけてもられるようにお願いしましょう。


自分が休憩するためにベビーシッターに頼むことは何も悪いことではありません。

しっかり休んで、またしっかり育児をすればいいという気持ちでいることが大切です。


Copyright (C) 2016 赤ちゃんが置いたら泣く All Rights Reserved.