赤ちゃんのだっこはなくてはならないものです。

昔は抱き癖などとよく言ったものですが今はそんなことはありません。


産後の育児指導でも抱き癖など気にせずたくさんだっこしてあげるように言われます。

だっこは育児においてなくてはならない欠かせないものです。
赤ちゃんが泣いてしまった時、寝かしつける時などですが、外出する際はまだ歩けない赤ちゃんはだっこして連れて歩かなくてはいけません。



スーパーのカートやベビーカーに乗せてもわりかし黙って座っていないことが多いです。
こんな時のためにも抱っこ紐は携帯しておいたほうがいいでしょう。

この抱っこ紐も今はいろんな種類があって悩むところですが、最近のはあまりお母さんの体にも負担がかからないように作られているものがありますので、自分に用途にあったものを選ぶといいでしょう。


デパートでは直接抱っこ紐を試着できたりもするのでやってみるといいです。
一日中抱っこしていられればいいのですが、お母さんは育児以外にもやらなくてはいけないことがたくさんあります。



家事の最中は後ろにおんぶするような形で家事するのもいいですし、外出の時は赤ちゃんの様子を直接見られるように前にだっこするのもいいでしょう。

赤ちゃんにとってお母さんのだっこは何より最強です。
確かにずっとと言うのも大変ですが、小さいうちだけしかできない母親の特権です。



ほんとに大きくなってからではとてもじゃないけど出来ませんしさせてもくれないでしょう。


心身ともに子供の成長にとっても大切なものです。


Copyright (C) 2016 赤ちゃんのだっこはなくてはならないものです。 All Rights Reserved.