赤ちゃんが吐く原因で心配なものとそうでないもの

赤ちゃんはよく吐きます。赤ちゃんの胃は大人とちがって蓋のないとっくり状になっています。

その為、授乳の後に横になったり、ゲップの拍子につられて吐いてしまうのです。

また、飲み過ぎという場合もあります。



吐くとどうしても心配になってしまいますが殆どの場合が心配ないものです。

吐いたものが白いミルクであったり、無色透明の胃液やヨダレであればまず大丈夫です。
風邪やウイルスでの嘔吐という事も考えられなくは無いですが、吐いた後の様子が落ち着いており、機嫌が良ければ心配無い事が多いので、吐いた後の様子を見てみましょう。
しかし、注意が必要な場合もあります。

嘔吐物が黄色や黄緑色の場合や吐くときに噴水の様に吹き出したりした場合は小児科を受診しましょう。



吐くときは赤ちゃんをすぐに動かさず、落ち着いてから病院に連れて行くと良いでしょう。
また、頭を強く打ち、半日以内に嘔吐した場合は早急に病院を受診しなければなりません。


この場合は頭蓋内出血や脳腫瘍が疑われます。

あまり吐くと小さい身体なのですぐに脱水症状を起こしてしまいます。



だからといって一気に飲ませると吐いてしまうので、麦茶や白湯を少量ずつ与えましょう。
母乳も良いですが、赤ちゃんは一気に飲んでしまう事が多く、また嘔吐を繰り返す原因にもなるので落ち着いてから欲しがれば時間を短めに与えましょう。

頻繁に吐いても心配の無い事が多いのですが、赤ちゃんの機嫌などその後の状態をよく観察し、あまりに吐く様であれば体重がちゃんと増えているか測ってみましょう。
その他、心配な事は医療機関や相談窓口があるので不安を抱えず、相談してみると良いでしょう。

Copyright (C) 2016 赤ちゃんが吐く原因で心配なものとそうでないもの All Rights Reserved.